2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな恋の歌


広い宇宙の数ある一つ
青い地球の広い世界で






僕は恋をした…







この出会いに運命を感じた。








そんな、小さな恋の話。








ある日、ツイッターを開くと
なんだかナンパしたくなる…






ナンパから遠のいた
僕の生活からは珍しい感覚だった。







その日は平日で
ナンパに出るか迷っていた。






今をときめくカツオさんに相談すると
出た方がいいと後押ししてくれた。










『よし、出よう』







仕事を終え
カツオさんとの集合場所に向かった。






そこにはいつも笑顔のカツオさん。






今日もイケメンだ。





ひとまず麒麟箱に向かう。








橋横の下り階段の所で
女の子にぶつかりそうになる。







その子の姿を見ると










『めっちゃタイプや』







そう、僕は恋をしてしまいました。







仲良くなりたいと純粋な気持ちで
カツオさんに相談しました。










『まだ早いです』







僕にあの子はまだ早い
という意味なのか
クラブにも入ってないのに
声かけるのが早いのか
その時の僕には
まだわかりませんでした。








その女の子は二人組で
僕らと同じ麒麟箱に入りました。







入るとすぐに
その女の子達は変な男らから
ナンパされてました。






4人で楽しそうに笑い
男は腰に手を回し
体を寄せて話してました。







僕はその光景に耐えられず











『もう出よう…』








カツオさんは快く応じてくれました。










『今日音よかったスね』








ごめんよカツオさん
僕はもうあの場所にはいられなかった。








次の恋を探すために
子鹿箱に入りました。








いつも通りガラガラですが
やはり居心地がいい箱です。







お酒を軽く飲んで
踊っていると
声かけて欲しそうにしてる子等が
二組みほどいた気がします。






きっと気のせいでしょう。






先ほどの女の子が
頭から離れられず
ナンパどころではない…











『もう一度会いたい』






そう願っても現実にはなりません。








ところが、現れたのです!







先程の男らはどうしたのでしょう。
あんなに楽しそうに談笑してたのに。







いろいろ考えましたが
正直に嬉しかったです。







しかし、思いが重過ぎて
声を掛けることに躊躇してしまう。






2?歳/アパレル/恋子
2?歳/ニート/社長子






社長子はダンスの動きが変だが
周りの女の子達と仲良くなっていた。






恋子は一人離れて座っている。











『勇気を出すんだ』






カツオさんに
トイレ行ってくると伝えて
トイレ後、恋子に話しかけました。







クラブに入る前から知っていたこと
あの男達はどうしたかなど
いたって普通の会話をしました。










『終わってどうするの?』








まだ決めてない様子。
そこで四人で出ることを提案しました。
あんまり和めてないので
社交辞令的になったのかもしれません。
断られるかもと思っていた










『いいよ』









これもまた
社交辞令なのかもしれません。







しかし、嬉しかった。
僕を傷付けない為かもしれません。
でも、単純に嬉しかった。








社長子にカツオさんを紹介し
恋子も二人で踊っておいでと
社長子とカツオさんを
くっつけようもします。









子鹿に入って1時間たったでしょうか。
恋子への思いが強くなるばかり。









『二人で出よっか』








そう投げかけると
恋子は社長子に相談もせずに
嬉しそうな顔でロッカーに向かった。










カギをちょっとビックリしてる
社長子に渡して、僕ら二人は
子鹿を後にしました。








カラオケに入り
いつもの曲を熱唱する。
すると恋子は












『眠くなってきた』









どういう意味か
わかりませんでしたが
30分でカラオケをでました。










いつものホテルの
何時もの部屋に入り
恋子はシャワーを浴びました。








僕もシャワーを浴びて
二人でベッドに入りました。











自然と体を寄せ合い
唇を重ね合いました。








この時僕は
やましい気持ちでホテルに
入っていませんでした。









二人の時間を大切にする為に
少しでも長く一緒にいられるように
ホテルに入ったのです。









しかし、唇を重ね合うに連れ
恋子と愛し合いたいという気持ちが
どんどん増してきました。











『しても…いい?』









恋子はそっと頷き
二人は体は重なり合いました。










重なり合うたび愛育んで
一生おれたら最高だと思いました。







ホントにそう思いました。








重なり合った後
何故僕としたのか聞くと











『居心地良かったから』








そう彼女は答えました。






やっぱり
あなたにとって大事な人程
すぐそばにいるみたいです。








朝起きて
また4人で合流することになりました。








合流すると解散して
カツオさんと
朝ご飯を食べに行きました。









話してるとカツオさんは
タブーを犯してました。










理由を聞くと
しかたがないですが
もう二度と恋子に
会えないと思いました。









それは恋の終わりを
意味していたのです。















あれから二週間
君は元気でいますか?
笑っていますか?
君の話し方や笑い声
一生忘れることは無いだろう。









ありがとう
名前も知らない君へ

































あっ!これ3部構成です(笑)




暇またはリクエストが
あったら書きますね^ ^





次回のナリさんは
『小さな恋の歌~真~』
『小さな恋の歌~異~』
の二本で~す(笑)














うふふふふふ~っ

スポンサーサイト

最終回 Textbook language

このブログを始めて、実は
のん気に目標がありました。





話し出すと止まりませんが
はじめた頃の目標を
全て達成しました。





部活みたいなナンパを引退
うっとおしいブログを最終回とします…






それなりに頑張ったつもりです。















目標はなんだったの?
的なことを
聞かれもしないのに
クオリティ低く書いときます。







なんか恥ずかしい…





(笑)









1、ハイツくんに会うこと



2、ロマーリオさんとコンビすること



3、ある方と旅ナンパすること






この御三方にはどうしても
お会いしたかったですね。








2013年は何かといろいろできました。
ただ、2013年で僕はもう終わってます。








あきらめました(笑)











そして20人くらいの読者の皆様
ありがとうございました。





皆様のコメントは
本当に励みになりました。






皆様のコメントが無ければ
早い段階でブログを
辞めていたかもしれません。










本当にありがとうございました。























少しさみしい気持ちはありますが
2014年1月末をもってナリタツタは
ナンパを卒業します。





















おしまい




































































































































































































































































































あっ、バレました?笑

心に残ったあの言葉(女の子ver)

なんと!!リクエストが有りましたので女の子バージョン書きます\(^o^)/


※一人だけやん!とか言わないで下さい





2013年は新規だけで50人とセックルしました。



楽しいセックルばかりではありません。



辛いセックルも中にはありました。
(マジでDEBUとかw)





ビックリです( *´艸`)クスクス






僕がGETする子って意外にみんな共通点があって、連れ出し方もワンパターンです。
(特にソロでGETする時)






しかし、声かけからセックルまでのプロセスは同じような感じでも、ベットの中ではみんな違いましたね…


喘ぎ方とか( ´艸`)ムププ


(あんまりベットでしてないやんとか言わないで下さい)











あぁ、やりたくなってきた…(笑)










まぁ、GETに関係無く女の子から言われた、心に残った言葉を書いて見ますね(笑)













☆その一☆


GTを終えて帰りの電車内でナンパして、後日会議終わりにアポった時のこと。


僕がスーツで姿で会ったので、以前から気になっていたスーツ3割増しが本当か聞いてみた。







『そんなに良くなってないよ』







スーツ似合いません\(^o^)/

この頃はまだ今よりシュッとしてたのに…(笑)


※彼女が言うに私服がある程度よかったら、そんなに差が出ないようです(笑)


















☆その二☆


ヒトクラで変な女に絡まれて、ラーメンやに連れ出され、カラオケに行き、ホテル打診でグダられて、放流打診したらホテル行く流れになった時のこと。









『そんなこと言うくらいやし、セックルに自信あるんやろな?』







無かったら言わないと、内心ドキドキで返しました( *´艸`)クスクス


※終わった後にクレームはありませんでした(笑)
どうやった?と聞くのをビビっただけと言う説もあります。
















☆その三☆


その二のセックル後のトーク…








『スーツ着てたらすぐヤリたくなってたかもね』






世の中にはスーツフェチがいるようです(笑)


※後日スーツでクラブに行ったのは言うまでも有りません(笑)
















☆その四☆


あるアポの日。20時に合流しましたが、混んでいて数件まわって店に入れたのが21時過ぎ。その子は22時半にお客さんと同伴するとのこと。


店に入って30分後に、30分で全力出すからと言ってセックル打診。ホテルに移動する。


30分後…








『やばい…そんなテクどこで覚えたん??』





『ん?風俗』
とだけ答えておきました( *´艸`)笑

















☆MVP☆


あるアポの日。居酒屋へ行きました。最初から食い付きがあることを知っていたので、カラオケでも十分やれると思っていました。


カラオケに入り、ギラつきました。
手マンまではノーグダ、挿入はガチグダ。


すると女はこう言いました…







『ここで手を出すならそこら辺の男と一緒』







やってもいいけど、やったらもう会わないと言われてビビっただけですけどね(笑)



自分のタイプな子に弱い僕\(^o^)/



※結果、お口ドリブルで終了(笑)




今思えば、きっとこの子も即られ慣れてるんでしょうね( *´艸`)クスクス















2014年も面白いことあるかな( *´艸`)クスクス

















風俗で鍛えたテクニック
無料体験実施中!!





詳しくはwebで!










ってか、このブログ必要かなぁ???


もはやナンパブログではない(笑)








推定読者数20人
9割顔見知りのはず(笑)





心に残ったあの言葉

明けましたね…


おめでとうございます♫




ホント時間が経つのは早くて、もう一月が終わろうとしてますよ。


ビックリです( *´艸`)クスクス





2013年はいっぱいナンパしましたよ。



いろんな人に会いましたよ。



いろんな事がありましたよ。



全ていい出会いでした。



一緒にナンパしてくださった方。



一緒に重なり合ってくれた女の子。



ホント、ステキな一年でした。



中でも、心に残ったあの言葉達を忘れない為に、ここへ記そうと思いました。






☆その一☆


あるお方とクラブに出向いた時、僕のかわいい既セクがいました。あれが既セクというのを伝えました。


後日、そのかわいい既セクに変なところでばったり会ったので、その事をあるお方へ伝えると彼はこう言いました。






『あぁ、あのゴミですか…』





あのゴミと付き合おうか考えました(笑)











☆その二☆


あるお方へ準即出来なくて、さらに凹むことがあって相談しました。するとある方はこう言いました。






『逆にそこで手を出さなかったら、そこら辺の男と一緒』





凹みましたが、これを言われた次の日から、年間100人ペースで即れるようになりました(笑)


※ブスも余裕で行けるようになったのもこの頃からですね(笑)








☆その三☆


あるお方とクルクル最中、ベットの部屋へこっそり自分の上着にあるゴムゴムの実を取りに行った時。


あるお方は最中にもかかわらず僕に気づき、布団の中から手が伸ばし、こう言いました。





『はい、これやろっ?』




まさにそれでした(笑)
なんでわかったんでしょうか( *´艸`)











☆MVP☆


コンビでクラナンしてる最中、わざわざ僕らの前に来た、なかなかのブスと金髪がいました。



好奇心旺盛な僕は笑を堪えながら『声掛けていい?』と、あるお方に聞きました。






すると、あるお方はこう言いました。






『常識で考えて下さい』




鬼の形相で言われましたので、肩を叩くにとどめておきました\(^o^)/


※結果、あるお方は金髪に逆ナンされましたヽ( ;´Д`)ノ







2014年も面白い事あるといいな( *´艸`)クスクス






今年もよろしくお願いします!









※女の子に言われたバージョンも書こうかな(笑)

ジャンプ 後編

試合は延長戦…






もう完全に朝…







アトーさんと修行僧さんはコンビ即…

まさに『奇跡の世代』
























コンビの掟\(^o^)/










この時間にコンビで勝てるスポットは

あそこしかない!

と、いうわけで移動する。



























ピコーン!











到着した瞬間

二人組のターゲットが現れる!!

























テンション上げて並行トーク5分

トーク内容はスノボとラーメン(笑)











ここであることを思い出す…











先程ロマさんから
レクチャー
して頂いたことを!




















やりたい放題\(^o^)/













しかし、これを使うのは初めて…

このパス…

うまくいくのか…
























威力ハンパねーな\(^o^)/











ものの五分で引き離し…(笑)

そのままタクシーへin

タクシー内でロマさん担当が

ビッチだということを聞く…















内心…

















すげーの引き当てた\(^o^)/





















御用達のホテルへ

シャワーを浴びた後、ベットに入る…





































心の叫び\(^o^)/


















ロマさんと写メを送り合い

お互い即を確認する。



コンビ即達成を喜んだ…





















ホントはクルクルしたいです\(^o^)/











ロマさんと連絡を取り合う

やはりクルクルを狙ってらっしゃる



二人の思いは一つになった…























やる気満々\(^o^)/












優しいロマさんはこちらへ

来て頂けるとのこと。



ロマさん担当はビッチっぽい…

グダるのはこっちだろうと思い

クルクルの前フリ済ませておく…






















あるナンパ師さんからね\(^o^)/










ロマさんが到着される。



少し顔を合わせ、用意をして

一緒にランチを食べるとこにする。



ランチを食べながら

この後、四人で遊ぶように持っていく。





そう、クルクルの為に…






















動機が不純\(^o^)/








あるものを購入するためコンビニへ




その時、僕の体に異変が…




























お腹壊した\(^o^)/

※多分ラーメンにキムチ入れすぎた(笑)












しばし、トイレに籠る…

トイレから出ると

そこにはロマさん担当の子だけ。



ロマさんと僕の担当は

二人で消えていました…



















言い過ぎにも程がある\(^o^)/









始まるのか!!と、思いきや

僕の段取りが悪く

ロマさん達と合流してしまう…



また振り出しに戻る…



四人でホテルに入ることを提案すると

女の子達はどうする~?と話してる…


























ジャイアンかっ\(^o^)/













ホテルに入り四人でゲームをする。

ロマさん強すぎる…

僕は弱すぎる…

罰ゲームはお酒イッキ飲み…

ロマさんは言いました…



















女の子飲んでない\(^o^)/笑













ゲームを終え

ロマさんとロマさん担当子は

洗面所へ消えていきました…




僕はクルクル準備の為

担当子の前戯を済ませました…




しかし、ここからどうしたら良いか

わからず戸惑っていました…






















人任せ\(^o^)/










するとロマさんだけが

部屋へ戻ってきました。



僕は目でロマさんに訴えました…


















ショボ腕乙\(^o^)/











するとロマさんは…

















頼れる隊長\(^o^)/











ロマさんは…













こんな目になりながら

ベットに入って行きました…














洗面所にロマさん担当がいるので

僕は…













こんな目になりながら

洗面所の方に向かいました。






洗面所でやり取りの際中

こんなとこでするのかぁ~

と思いました…





















どうしてもクルクルしたい\(^o^)/













ホントはこういうとこ好き\(^o^)/














ここ洗面所とトイレ\(^o^)/

※エッチするとこではありません








前戯を済ませ

ゴムゴムの実を取りに部屋へ戻ると

ロマさんはお取り込み中でした。



優しいロマさんはお取り込み中でも

僕にゴムゴムの実を渡してくれました。




ロマさんはお取り込み中…
























元気なった\(^o^)/




















ことを済ませ部屋の方を見ると

ロマさんはまだお取り込み中でした…




きっと僕の方が早漏です…泣





















心にしまっておこう\(^o^)/笑











ロマさん担当子はお風呂へいき

僕は暇だったので…


























う○こ二回目\(^o^)/











お取り込みの終了を確認し

ロマさんと顔を合わせました。





なにも言葉は発せず…

今までの苦労を思いながら…


























無駄にカラー\(^o^)/









女の子と解散後

駅のホームで僕はロマさんに

感謝の気持ちを伝えました…





















土下座\(^o^)/















するとロマさんは言いました…






















契約更新お願いします\(^o^)/
















こうして、僕らの長い一日が終わった…






















BSだけになっ\(^o^)/

















※この話は全て作り話です…

信じないでください(笑)















2015年秋
ジャンプ後編
ディレクターズカット版
メール会員様限定
配信予定!!



『本編では書かれてない引き離しテクや、クルクルまでの詳しいプロセス、ナリタツタ性癖などが盛りだくさん』





詳しくはwebで!


※フザケすぎました…m(_ _)m












おしまい

«  | ホーム |  »

プロフィール

ナリタツタ

Author:ナリタツタ
関西在住
年齢:アラサー
スペック:フツメン童顔
職業:サラリーマン(笑)

ランク
E級・・・うっ!
D級・・・まぁなんとか。。。
C級・・・うん普通w
B級・・・かわいい♪
A級・・・アイドル☆
S級・・・神クラスか!!
+、-で補正あり

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

いらっしゃいませ♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。